7月公演に関する重要なお知らせ

昨今の状況を鑑み、「今、上演すべき作品」を検討した結果、ザ・スズナリにて上演予定の『草迷宮』の上演を順延、作品を変更することが決定しました。

◉ 次回公演 ◉

演劇実験室◉万有引力◉第70回本公演


 

 

 

 

◉眼球譚または迷宮する劇◉
◉疱瘡譚または伝染する劇◉

 

【言語】

寺山修司


【演出・音楽】

J・A・シーザー


【共同演出】

髙田恵篤、小林桂太

【出演】

演劇実験室◉万有引力俳優陣 ほか

 

7月23日(木)〜8月2日(日)
@ザ・スズナリ

 

全席指定  一般 3700円

※1ステージ50席限定

〜6月下旬頃〜
詳細は近日中に本ページにて公開致します

昨年末に発生し、瞬く間に世界中に伝染した新型コロナウイルス"COVID-19"。この未曾有のウイルス禍により、日本でも緊急事態宣言が発出され、解除後の今尚、再流行への警戒の下、自粛を余儀無くされている。渦巻くウイルスへの感染に対する恐怖心により、社会は茫漠とした不安の影で覆われ、疲弊した人心はこれ迄横たわっていた様々な問題を炙り出している。そんな中、演劇もまたその立ち位置を否応無く突き付けられている。

世界は既に転換点を迎えた。価値観が変転した新しい社会に臨まなくてはならない。その中で我々は何を為すべきか?

今回の事態を受け、万有引力は上演予定作品を変更し、急遽、寺山演劇の中から二分化した2つの作品を上演する。現在の状況への考察を加味し、寺山演劇の普遍性を未来へと照射する試みであり、14世紀の『ペスト大流行』後に興ったルネサンス同様、われわれもまた、これよりをルネサンス期とし、「来るべき《明け》」を目指すことを宣言する。

※ HTML形式のメールを受信できるアドレスをご登録ください。
info@banyu-inryoku.net からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

当サイトでは、使用されている全ての画像・コンテンツの、転載、二次利用、複製等は一切禁止とさせていただきます。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now